読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんかかきたい

プログラミングなどの個人的なメモやサークル「ゆきいろパラソル」の情報を載せてます

ffiを使ってCの関数をRubyから呼び出す

Ruby 技術系

ruby-ffi は 動的にライブラリを呼び出せるRubyの拡張でバインディングライブラリをnative extension で書かなくても良い感じに呼び出せるようになる便利なライブラリ。 Rubyでは libffi を簡単に使えるのでちょっと頑張ればCのコードを呼び出せる。

FFI = foreign function interface、他言語の関数を呼び出すためのインターフェイス

Cで書かれたライブラリの関数を native extension をビルドしなくても呼び出せて便利だったりする。

去年書いた記事でlibffiを使って、MP4v2Tagの関数を呼び出してみたけど、あんまり細かいところまで書かなかったので掘り下げて書いてみます。

t-cyrill.hatenablog.jp

とりあえずHello World

ruby-ffi はgemで用意されているので、bundlerとかで入れるといいと思う。

source "https://rubygems.org"

gem 'ffi'
bundle install --path=vendor/bundle

これでlibffiをRubyから呼び出す準備ができたので、Rubyのコードを書いていくことにする。 まずはruby-ffiのサンプルにも載っているlibcputs関数を呼び出してみる。

require 'ffi'

module LibC # <- 1
  extend FFI::Library # <- 1
  ffi_lib FFI::Library::LIBC # <- 2
  attach_function :puts, [ :string ], :int # <- 3
end

LibC::puts 'Hello World!!' # <- 4

いつもどおりbundle exec ruby libc/hello_world.rbのように呼び出せばHello World!!が表示されるのが確認できる。 ffiの書き方は、

  1. 好きな名前でmoduleを定義して、FFI::Libraryextendする
  2. ffi_libに呼び出す関数を含むライブラリの名前を渡す。(libcFFI::Library::LIBCとして定義されている)
  3. attach_functionで関数、引数の型、戻り値を渡す
  4. LibC::putsのように呼び出す

といった形になります。

もう少し複雑な例

require 'ffi'

module LibC
  extend FFI::Library
  ffi_lib FFI::Library::LIBC

  typedef :pointer, :FILE

  attach_function :fopen, [:string, :string], :FILE
  attach_function :fclose, [:FILE], :int
  attach_function :fputs, [:string, :FILE], :int
end

handle = LibC::fopen '/tmp/hogehoge', 'w'
LibC::fputs 'hogehoge', handle
LibC::fclose handle

上はファイルを書き出す例。fopen, fclose, fputsを呼び出す。FILEはtypedefで用意するとよい。 LibC::fopen から返ってきたポインタを LibC::fputsに渡しファイルに書き出し、LibC::closeでハンドルを閉じるっていうCのサンプルみたいなことをやっている。 こんな風に、ポインタを使い回すだけなら :pointer を使って簡単にかける。

構造体のポインタ

MP4v2のバインディングで書いた構造体はこんな感じになっていて、FFI::Structを継承してlayoutを使って構造体っぽいクラスを作っていく。

# Mp4v2 binding module
module Mp4v2
  module Native
    # Mp4v2 Tag struct
    class MP4Tags < FFI::Struct
      layout :__handle, :pointer,
             :name, :string,
             :artist, :string,
             :album_artist, :string,
             :album, :string,
             :grouping, :string,
             :composer, :string,
             :comments, :string,
             :genre, :string

      def self.keys
        [
          :name, :artist, :album_artist, :album,
          :grouping, :composer, :comments, :genre
        ]
      end
    end
  end
end

構造体ではなくクラスなので、好きなように関数を追加してもよかったりして便利っぽい。typedef :pointer, :MP4Tagsのようにすることで、ポインタが構造体的なクラスと対応するようになる。

他にもいろいろできる

ffiWikiを見ると、Win32APIの関数を呼び出す方法とか、callback関数を渡す方法とか、enumとかあったりして他にもいろいろできるっぽい。 けど、そろそろ眠くなってきたのでこの辺で一旦終わりにしたい。 コードはgistに書いたのであとはwikiを見ながらよろしくって感じです。

gist8a8b1bc1f8b5be40d5a7