読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんかかきたい

プログラミングなどの個人的なメモやサークル「ゆきいろパラソル」の情報を載せてます

任意のバージョンのImageMagickをビルドできるコマンドを作ってるよって話

ImageMagick Linux Ruby 技術系 運用

少し前からImageMagickの最新バージョンをビルドして使いたいなーというモチベで好きな時に好きなバージョンのImageMagickをソースからビルドできるスクリプトを作っていたので紹介します。

github.com

使い方

使うにはRuby 2.0以降、git、あとImageMagickのビルドに必要な各パッケージが必要です。もともとDebianでの使用を想定していたので、build-essentialsのようなパッケージが必要です。

sudo apt-get install git build-essential
sudo apt-get build-dep imagemagick

あとはgit cloneしてきてください。

git clone https://github.com/t-cyrill/imagick-build

ImageMagickをビルドする

例えば 6.9.4-0 をビルドするには次のようにします。

bin/imagick-build -i 6.9.4-0 --prefix=$HOME/ImageMagick

--prefixをつけるとconfigurePREFIXにパスが渡されてインストールパスを変更することができます。

バージョンリストの更新

ImageMagickのバージョンごとのコミット位置はリポジトリ内のdefinitions.jsonに書いているので、git pull origin masterすればバージョンリストも更新されます。

cd imagick-build; git pull origin master
bin/imagick-build --definitions

definitions.jsonImageMagickのtar.gzがリリースされてしばらくしたら更新されます。


仕組み自体はgitでコミット位置を切り替えてビルドオプションをいい感じに渡しているだけです。大事なのは definitions.json でこれは頑張って更新しているので、いい感じに使えるようになるんじゃないかなーと思います。最新バージョンが出たらTwitterに流すようにしようと考えているので、ImageMagickの最新版が出たら教えて欲しいって人はTwitterをフォローするといい感じになるんじゃないかな、リリース以外興味ないって人には微妙かもですが...

GW中に見つかったImageMagick脆弱性対応でコミティアの会場から調査することになって辛い思いをしたんですが、ImageMagickはいつかやると思っていたので辛いという気持ちでした。